DX化「データイネーブルメント」

この記事は作成中です。

データイネーブルメントとは

データを活用してビジネスと生み出す「データイネーブルメント」はDX化の目的のひとつです。しかしデータの集計、蓄積、管理などは法規などにより実践されていても、活用となると「時間」と言うランニングコストが無視できません。

DX化は将来への投資

蓄積したデータを「抽出」「視覚化」できるだけでは、社内会議に提出する一編の紙で終ってしまいます、それは将来への投資にはなりません。データをオープンソース化することで新たな機能の提案が外部からもたらされる可能性を期待しDX化への将来をもたらします。現在知られているものとしては生鮮食品の発注数予測や、その発注さえもオートメーション化されている事などでしょうか。

 

 

参考サイト:Bizコンパス