PHPアップグレードで文字化け

『PHPアップグレードで文字化け②メール編』はこちらから
本記事の環境
サーバー:法人用OCN
PHPアップグレード:5.3→7.2

アップグレードは簡単ですが・・・

レンタルサーバーの場合はコントロールパネルや会員ページにアップグレードするボタンが配置されています。アップグレードのバージョンについてはサーバー仕様により様々です。

文字化け発生

昔作成したサイトなどShift-jsでHTMLを記序している場合に発生する現象です。

●原因

エンコードが「Shift-js」→「UTF-8」に変換を。

●変換方法①:ホームページビルダーが楽。

古いバージョンのビルダーでも大丈夫ですが、メタタグを自動で書き換えてしまう場合もあるので一度確認してください。

▼1.ツール→プション

▼2.ファイル→出力漢字コードを「UTF-8」に設定すればタグの書き換えと変換を同時に処理できます。

あとはファイルを開いて上書きするだけ。文字コードが原因で化けたページは全て変換処理します。

●変換方法②:エディタで変換

メモ帳ではエンコードの設定ができないため、フリーのエディタなどを入手して下さい。
▼HTMLで記序されてないファイルはエディタでUTF-8形式で再保存するだけ。

▼HTMLのタグがあるファイルは記載されているコードを書き換えてからUTF-8で再保存。

 

 

PHPアップグレードで文字化けに関するトラブルが他にあれば、追加で記載します。

『PHPアップグレードで文字化け②メール編』を作成しました

 

  ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」

次の記事

感染予防と経営