運用開始:2021年5月29日

本API利用規約(以下「本規約」と記載)にはRURi tec(以下「当事業」と記載)の提供するAPIのご利用にあたり、利用者の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当事業と利用者の皆様との間の権利義務関係が定められております。当該APIを利用者としてご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。利用者は、本規約を確認した上でダウンロードおよび設置を許可し、利用者と当事業との間で本規約に定める内容の契約(以下「利用契約」といいます。)が成立に同意したとみなされるものとします。

第1条 適用

1.  本規約は、本APIの利用に関する当事業と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当事業の間の本APIの利用に関わる一切の関係に適用されます。
2.  本規約は、本サービスの利用規約(以下、「原規約」と記載)を補充し又は修正するものであり、原規約と一体として取り扱われるものとします。また、原規約の定めは、その内容及び性質上可能な限り本規約についても適用されます。なお、同一の事項について本規約の定めと原規約の定めが異なる場合は、本規約の定めに従うものとします。
3.  本規約において用いられる用語の意味は、本規約において別段の定めがなされている場合を除き、原規約における意味と同一とします。

第2条 定義

本規約において使用する以下の各号の用語は、各々当該各号に定める意味を有するものとします。
(1) 「対象サイト等」とは、利用者が運営するウェブサイト、SNSまたはサービスなど特定できるものを意味します。
(2) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
(3) 「ユーザー」とは、本サービスを利用する法人又は個人を意味します。
(4) 「本API」とは本サービスとの連携に関する機能を提供するAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を意味します。
(5) 「本サービス」とは、当事業が提供するサービスの利用を意味します。
(6) 「本情報」とは、利用者が本APIを通じて取得することができる本サービス上の情報を意味します。
第3条 パスワード及びユーザーIDの管理
1.  利用者は、自己の責任において、パスワード及びユーザーIDを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
2.  パスワード又はユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、当事業は一切の責任を負いません。
3.  利用者は、パスワード又はユーザーIDが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当事業に通知するとともに、当事業からの指示に従うものとします。

第3条 料金

本APIの利用の対価は無料とします。
第5条 本APIの利用
1.  利用者は、利用契約の有効期間中、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、当事業の定める方法に従い、本APIを利用することができるものとします。利用者は、本APIにつき、再許諾、貸与その他の処分をしてはならないものとします。
2.  本APIの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、利用者の費用と責任において行うものとします。
3.  利用者は自己の本APIの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

第4条 本情報の使用

1.  利用者が本APIを通じて取得できる本情報の範囲は、当事業が単独の裁量により決定するものとします。
2.  利用者は、本情報を、対象サイト等において、かつ、本サービスの運営、広告及び宣伝のためになる範囲でのみ使用することができるものとし、それ以外に使用してはならないものとします。
3.  利用者は、本情報について、前項の使用に合理的に必要な範囲でのサイズの変更を除き、一切の変更、改変、翻案を行ってはならないものとします。
4.  利用者は、対象サイト等に本情報を掲載する場合には、当該本情報の元となる本サービス上のURLに対するリンクを設置しなければならないものとします。
5.  利用者は、対象サイト等に本情報が掲載された後において、当該本情報の元となる本サービス上の本情報が変更された場合には、速やかに対象サイト等上の本情報を、本サービス上の本情報に合わせるための措置をとらなければならないものとします。
6.  利用者は、Bユーザーから要請があった場合、当該ユーザーに関して本APIを通じて取得した本情報の全部又は一部を削除するものとします。利用者はユーザーがかかる要請を行うための通報フォーム等の簡易な手段を当事業の指示に従って提供するものとします。
7.  利用者は、利用契約が終了した場合又は当事業から求められた場合、遅滞なく、当事業の指示に従い、本情報を対象サイト等から削除しなければならないものとし、かつ、本情報並びに本情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければならないものとします。
8.  利用者が本条の規定に違反した場合、利用者は当事業に対し当事業がこれにより被った一切の損害(弁護士費用を含みます。)及び損失を賠償又は補償するとともに、当事業は、利用者に通知することにより直ちに利用契約を将来に向かって解除することができるものとします。

第5条 禁止行為

利用者は、本APIの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならないものとします。
(1) 本情報を販売その他有償で提供する行為
(2) 当事業、ユーザーその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
(3) 本API又は本サービスについて逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングをしたり、その他の方法でソースコードを解読したりする行為
(4) 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
(5) 法令又は当事業若しくは利用者が所属する業界団体の内部規則に違反する行為
(6) コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
(7) 本API又は本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為
(6) 当事業が定める一定のデータ容量以上のデータを本API又は本サービスに関連して送信する行為
(9) 当事業による本API又は本サービスの提供を妨害するおそれのある行為
(10) その他、当事業が不適切と判断する行為