ネット廃棄物化したサイトの処理方法

担当が不在となったサイトや、再生したいが方法がわからない故障したページなどについて書いています。

サイトのアクセスに必要なもの

アクセス用パスワード

ホームページの改造や修繕にはファイルを読み書きするアクセス・パスワードが必要です。ファイルを置いている事業所を調べて問い合わせましょう。
<無償サーバーの凡例>
・FC2
・無料WEBサイト(Wixなど)
・プロバイダー付属無料サーバー(OCNなど)
他、レンタルサーバー(さくら・ロリポップなど)

<WordPressの場合>
ご契約サーバー会社のコントロールパネルからファイルマネージャーなどでサーバーにアクセスしWordPressのパスワードを取得する事が出来ます。コントロールパネルにアクセスするパスワードが不明の場合は請求書などからサーバー会社を特定しサポートに問い合わせましょう。

削除

<契約解除>
サーバー契約会社と契約を終了する事でサーバー内データが抹消されます。
ドメイン(サイト・アドレス)をサーバー会社が取得代行している場合があり、抹消には別途手続きが必要な場合があります。またドメインを抹消した場合、同じドメインを取得する事は大変困難です。(廃棄したドメインは中古品として売られる場合もります。)

改造

①ホームページビルダーなどHTML形式で作成されたサイトはページを保存しつつ、トップページにfacebookやTwitterなどを表示して新し情報を更新させます。

②WordPressのような無償のブログソフトを導入して、新たなページを造成し、残したい旧ページはリンクで繋ぎます。

③更新不要な会社案内などに作り変えます。

 

 

 

 

 

 

 

  ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」