WPフォトコンのプラグイン考察「Contest Gallery」

WordPressで無料で使えるフォトコン用プラグインを試した記事です。
今回は「Contest Gallery」について書いています。
色々使った結論は、無料の場合どれも一長一短ですが、それでも無料で始めたい方は是非ご参照ください。

高度な設定満載!
Contest Gallery

WordPress内の「新規プラグイン」から追加できます。
★WordPress の必須バージョン: 3.9以上
★対応する最新バージョン: 6.0
長く更新を実施していないサーバーで使えるものとして選びました。

①掲載は一般募集で自動掲載可能。
②投票ルールが無料の場合は限られる
③日本語化が可能。ちょっと面倒。

設定は右帯の項目に出現

「New gallery」から新規作成。
セッティングは以下の項目から

日本語化は「Edit options」の下図から


▼下図のように代替え文を挿入する

「Edit registration form」でも日本語が扱えます。

サイト作成

ショートコードを任意のページに埋め込んで生成します。緑の項目は有料設定です。

▼こんな感じで

ギャラリー完成

▼こんな感じ

実際設定では試行錯誤があったのですが、上手く連携しないのでシンプルな構造で使う事をお勧めします。

これを選ばなかった理由は、
1人が何回でも投票できるようになっており、1枚の写真に対し1ユーザー1投票は有償設定のみ。ただし1カテゴリー、1投票の設定は可能です。

コンテスト・アプリとしては高度なので、是非お試しください。

●当サイトでは「初戦者でも簡単!Voting for a Photo」についても書いています。
当サイトでは「高機能だけど設定も高度なContest Gallery」についても書いています。

  ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」