懸案はロジック・ツリーで整理して

フレームワークを使った問題の解消法

フレームワークとは予め決められた工程・目録・企画に沿って進行作業する事で効率を図る技法です。会議などでは意見の散在を防止できますし、予期できる発生懸案なども含める事で対応速度が速まるでしょう。

ロジック・ツリー

意見が散在した時に、会議のファシリテーターを務める人物は発言の取りまとめや、迷走する流れを呼び戻す上で会議の目的を再々訴える事になります。案件の選択肢をあらかじめ用意しておくことで予定時間内でのゴールを可能にするかもしれません。

個人的な悩みでもロジック・ツリーで原因と対策が見えてくるかもしれませんね。

  ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」