低周波治療器でも筋肉を鍛えられるか?①

肩こり用の低周波治療器と筋肉増強用のEMS(Electrical Muscle Stimulation)デバイスには、いくつかの違いがあります。それぞれの目的や機能、設計が異なります。以下に、その違いについて詳しく説明します。

肩こり用低周波治療器

  1. 目的
    • 肩こり、筋肉の緊張、痛みの緩和を目的としています。
  2. 周波数
    • 低周波(1Hz〜100Hz程度)が使用されることが多いです。これは、筋肉の緊張を和らげ、血流を改善するのに適しています。
  3. 機能
    • マッサージ効果:筋肉をリラックスさせ、血行を促進します。
    • 痛みの緩和:低周波の刺激によって、痛みを感じる神経をブロックする効果があります。

筋肉増強用EMSデバイス

  1. 目的
    • 筋力トレーニング、筋肉の増強、トーンアップを目的としています。
  2. 周波数
    • 幅広い周波数(20Hz〜500Hz以上)を使用することが多いです。これは、筋肉を強力に収縮させるのに適しています。
  3. 機能
    • 筋肉収縮:強力な電気刺激で筋肉を収縮させ、筋力を向上させます。

まとめ

  • 肩こり用低周波治療器は、肩こりや筋肉の緊張を和らげるために設計されており、低い周波数でマッサージやリラックス効果を提供します。
  • 筋肉増強用EMSデバイスは、筋肉を強力に収縮させて鍛えるために設計されており、幅広い周波数と強度で筋肉をトレーニングすることができます。

低周波治療器で腹筋は鍛えられられるのか?

低周波治療器は、筋肉に低周波の電気刺激を与えることで、筋肉を収縮させる装置です。これにより、筋肉を鍛える効果があるとされています。

結論として、筋肉用低周波治療器は、トーンを改善するための補助的なツールとして有用ですが、通常の筋力トレーニングの代替とはなりません。マッサージ用低周波治療器においても同様で、血行促進など筋肉のケアとして利用価値はあるでしょう。
しかし使いすぎにはご注意を。

PAGE TOP